目立つのぼり

のぼりは広告、宣伝効果がありますが、だからといって本数がたくさんあればいいというものではなく、過度にやりすぎるとかえって消費者に対して目に触れにくくなってしまうので、のぼりを置く間隔に気を配りさりげなく視界に入ってきて、自然にのぼりの文字を読んで記憶に残るメッセージにすることが効果的なのぼりの活用法でこのバランスは難しいですが、試しながら目立つ方法を考えてのぼりを立てると良いでしょう。

立て方と同様にデザインもバランスが大切で、見栄えがよく簡潔にどのようなものをアピールしたいのかお客様にアピールする必要がありますので、インパクトがあるものを作れるように、複数名で意見を出し合うのも良いでしょう。

のぼりはなんとなく日本ならではの温かみが感じられるのでシンプルなお店の感じで一見入りにくそうなお店であってものぼりがある事で明るい雰囲気になり、入ってみようかなという気持ちになりますし、オーダーメイドで比較的、低価格でもオリジナルののぼりを制作できる業者も多数あるので、設置を検討してみましょう。

のぼりは非常に目立つものですので、宣伝には欠かせない商売道具で、最近では様々なサイズ、長方形のものだけでなく半月のような形やギザギザにカットしたインパクトのあるのぼりも次々と登場しているようです。